プレスや組み立て、塗装!期間工の仕事内容まとめ!

期間工は製造の仕事が多いですが具体的にどんな仕事をするのか知らない場合も多いでしょう。

期間工のなかでも多くの募集がある自動車関連会社の仕事内容をまとめたので参考にしてください。

自動車製造の期間工はどんな仕事内容があるか

自動車メーカーや電子部品メーカーなど、様々な会社が期間工を募集しています。

仕事内容は選ぶ会社によって大きく異なりますが、期間工の募集が一番多い自動車製造関連会社の一例を見てみましょう。

エンジン製造

自動車の心臓とも言えるエンジンを作る工程です。

金属材料を型に入れて、部品の削り出しや組み立てるのが期間工の仕事となります。

プレス

大きなプレス機で自動車の材料である鉄をプレスし裁断します。

そしてボディやドアなど指示された形へ成形されていきます。

プレス機はほとんどが自動化されているため、期間工が行うのは機械の管理や製品の品質確認となります。

溶接

プレスなどで成形された部品を接合しボディを作り上げる工程です。

溶接もロボットなどが自動で行うため期間工は部品の設置などがメインとなります。

塗装

溶接されたボディに入念な下処理をし、塗装を施します。

期間工は塗装前に傷がないかを確認したり、塗装前の処理をしたりします。

また塗装後のチェックも期間工が行う仕事の1つです。

一番目を引く外観の工程になるので、少しの傷や埃もないように見落としが許されない仕事となるでしょう。

車体組立

塗装されたボディにシートやエンジン・ハンドル、タイヤなどを取り付ける工程です。

取り付ける部品は数万点を超えますが、一定の場所に配置された期間工がラインで流れてくるボディに決められた部品を組み立てる作業となるので、一人当たりの仕事量はそこまで多くありません。

しかしラインは止まることなく動き続けるので、集中し作業に遅れがないようにする必要があります。

最終検査

完成した車体の最終検査を行います。

検査自体は検査員が行うので、期間工はその補助をすることになります。

期間工では希望の仕事ができるのか

大まかに自動車製造の作業を記載しましたが、期間工として採用されても配属先の希望はできません。

期間工は会社側が指示した配属先で指定された仕事を行うことになります。

人手が足りないなどの理由で作業する場所が変わることはありますが、基本的に仕事内容に関する希望は通らないと考えてください。

また楽な仕事をしたいと思う人は多いでしょうが、どの工程でも基本は体力仕事なので楽な仕事はありません。

期間工は体が慣れるまでは大変ですが、根気よく続ければ短期間で高収入が期待できますよ。

まとめ

自動車製造に関わる会社ではたくさんの工程がありますが、期間工はどの部署に配属されるかで仕事内容が異なります。

配属先の希望はできませんが、どの工程に配属されても一から先輩が教えてくれるので安心してください。

期間工の仕事は決して楽ではありません。

しかし働いているうちに体が慣れますし、長く働くほど高収入が得られる魅力があるので、最初は辛くても辛抱して頑張りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です