期間工最大のメリットはやっぱり貯金!3年で1000万も夢じゃない?

期間工は雇用期間が決まっているため、それなら無期限で働ける他のアルバイトやパートをした方が良いのではと思う場合もあるでしょう。

しかし、期間工はアルバイトにはない手当が支給されるなどの高待遇が魅力です。

そのため短期間でしっかり稼ぎたい、貯金をしたいという場合にはアルバイトより期間工がおすすめです。

期間工は貯金ができるのが最大のメリット

他のアルバイトなどと比べても期間工は高収入が期待できるため、貯金をしたいという場合にもおすすめです。

短期間で高収入が得られる仕組み

期間工が短期間でも高収入を得られるのはなぜかをまとめました。

深夜勤務や残業がある

期間工では基本的に日給制で給料を計算されます。

会社により日給は異なりますが、9,000~10,000円の場合が多いです。

たとえば9,000円の日給だと21日働いても189,000円なので、高収入とは言えない平均的な給料ですね。

しかし期間工は深夜勤務があるため、深夜手当が支給されるのです。

さらに残業があれば残業手当も支給されるので、月収例を見ると30万円前後と記載されている会社が多くあります。

30万円とはいかなくとも、25万円くらいあれば他のアルバイトよりは高収入と言えるでしょう。

契約期間を満了すれば満了慰労金が支給される

期間工になると3ヶ月や6ヶ月という契約期間が定められますが、この契約期間を満了すると満了慰労金が支給されます。

満了慰労金は会社や継続期間により支給額が異なりますが、少なくても10万円程度はもらうことができます。

契約更新を続けるほど支給額が高額になる場合も多く、なかには50万円近い満了慰労金を支給してくれる会社もあるほどです。

非正規社員でこれだけの手当がもらえるのは期間工だけの特権と言っても過言ではありません。

各種手当も豊富

月収や満了慰労金だけでも十分な給料だと感じますが、期間工ではその他の手当も充実しています。

たとえば入社祝金や皆勤手当、食事補助や赴任手当や経験者手当が挙げられます。

入社祝金を支給してくれる会社は初回給与支払い日に在籍していれば10万円以上もらえる場合もあるため、働きだしてすぐに稼ぎたいという場合にも有り難いですね。

寮に住めばさらに貯金ができる

期間工は採用されると寮に入ることができますが、貯金をしたいのであれば寮に入るのが最適です。

生活費がほとんどかからない

寮に入れば、寮費や光熱費は無料となるので自分で支払うものは食費や日用品くらいでしょう。

自分で賃貸物件を借りようと思うと月に5万円程の出費となるので、寮ならその分が浮くのはとても大きいメリットですね。

最低限の家電は揃っている

寮に入る際には寝具や家電の購入費用がかかるのではと思う場合もあるかもしれません。

しかし寮には冷蔵庫や冷暖房、洗濯機などの最低限の家電は完備されていますし、寝具も無料で貸与してくれます。

ただし会社や入寮先によっては洗濯機が共有となる場合もあることは理解しておきましょう。

そのため入寮時にも費用はほとんどかからないでしょう。

まとめ

期間工は他のアルバイトなどと違い、契約期間が定められています。

しかし他のアルバイトではもらえないボーナスのような満了慰労金という手当があるほか、各種手当も豊富です。

そのため短期間でもしっかり稼ぎ貯金もできるメリットがあります。

さらに寮に入れば生活費はほとんどかからないので、できるだけ多くの貯金をしたい場合には寮へ入るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です