期間工の面接に受かるためのポイント

期間工として働くには面接が必須になりますが、この面接もポイントを押さえておかないと不採用になりかねません。

今回、期間工の面接についての簡単な情報と、受かるためのポイントについてまとめました。

 

面接の開催場所と日時

期間工の面接は企業にもよりますが、全国様々な場所で行っていることが多いです。

アリーナや文化センターなど大きな会場で行うこともありますし、地元の商工会議所などで行う場合もあります。

日時は午前中または昼一番の集合であることが多く、日によっては1日2回行うこともあります。

詳しい面接の開催場所や日時は企業のホームページから確認できますので、都合の良い場所や日時を把握し遅れないように集合しましょう。

面接時の服装は?

正社員の面接であればスーツスタイルが一般的でしょう。

しかし期間工においてはスーツ着用の義務はなく、私服でも問題ありません。

ただし私服の場合はあまりラフになりずぎず、襟のあるシャツにチノパンなどある程度かっちりした服装をおすすめします。

服装に迷ったときはスーツで会場に行けば間違いないです。

面接で聞かれること

期間工の仕事は体力的に厳しいため身体的な質問や、職務経験などについて聞かれることが多いようです。

よくある質問

期間工の面接でよく質問される項目として、期間工として働いた経験の有無について聞かれます。

経験者であれば仕事を早くに任せることができるため、積極的に採用されるようです。

さらに期間工は体力的に厳しい仕事であるため、持病の有無や夜勤可能であるか聞かれます。

体力に問題がある場合には不採用になることもあるので、十分に働く体力があることをアピールしましょう。

また借金の有無についても聞かれることがあり、借金がある場合には金銭トラブルを引き起こしかねないとして不採用になるケースが多く見られます。

志望動機はどう答える?

正社員でないとはいえ面接なので、志望動機はほぼ確実に聞かれます。

志望動機はお金を貯めたいといったようなものであっても明確な目標や目的があれば良いです。

また、期間工には正社員登用制度もあるためそちらを目指したいというような回答も良いでしょう。

いずれにせよ期間工として働きたいというやる気と態度がわかるような答えであることが最も重要です。

まとめ

期間工の面接にでの情報やポイントについてまとめました。

期間工の面接は全国様々な場所で開催されており、集合時間も場所ごとに違うためホームページ等でよく確認してから向かうようにしましょう。

面接時の服装はスーツでなく私服でも良いですが、社会人として恥ずかしくない格好にしましょう。

迷った場合はスーツで出かけるのが良いでしょう。

面接では期間工としての職務経験や働くのに十分な体力を有しているかが良く聞かれますが、虚偽なく答えるようにしましょう。

期間工として働きたいというやる気をアピールできれば大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です