期間工の残業時間は多い?少ない?

期間工で検索すると様々な会社の募集ページがヒットします。

「この会社は給料が良い」と思い内訳を見てみると全て残業代込みの時間、休日出勤の時間を入れた金額になってることが多いです。

では実際に期間工の残業時間は多いでしょうか?少ないのでしょうか?

この記事では筆者の実経験をもとに解説していきます。

期間工の残業時間は多い?少ない?

実際に残業時間が多いか、少ないかと聞かれると配属される職場によって異なります。

残業時間20時間/月を超える人も居れば、定時続きで残業が無い人も居るのです。

時期によって残業時間が変動しやすい

ある程度負荷が減った場合、残業時間は減ります。

忙しくなれば製品を多く作らなければならない為、残業する確率は上がるでしょう。

主に年末年始、特に1~3月は需要の集中で忙しくなり、各工場で人手不足が深刻化します。

多忙期を狙って期間工になる方法も

フリーターから期間工になると比較にならない位の給料が舞い込んできます。

生活を楽にするためや、自分の夢を叶える為の資金を少しでも作りたいので、残業をしてでも稼ぎたいと思う方もいるでしょう。

思い立ってすぐに行動するのも悪くありませんが、期間工を募集している会社の多忙期を狙ってみるのも一つの手です。

会社によっては配属先の指定がありますが、了承すれば即採用・翌日からでも来てほしいと言われる程の時期があります。

残業してまでも稼ぎたくない

「お金は欲しいけど残業してまで欲しいとは思わない。」

素直に残業しましょう。

配属先の職場が多忙期を迎えていて、毎日残業が続く事もあるでしょう。

貴重な戦力として呼ばれたわけですから、大切な用事が無い以上は断らない方が良いです。

トヨタ自動車を例に挙げますが、初回は3ヵ月契約になっています。

望んで期間延長が出来る訳では無く、勤務成績・態度・能力・健康・体力等を元に契約を延長するか会社側が決めるのです。

残業を断り続けると評価が下がりますから、契約更新や社員登用を狙っているのであれば素直に従いましょう。

残業したくても出来ない

逆に残業をしたくても思った以上に出来ない職場もあります。

残業をするほどでも無い、でも人手が不足しているのです。

配属先で必ず残業ある訳では無いので、過度な期待はしない様にしましょう。

まとめ 期間工募集ページの給料は残業・休日出勤ありの設定

期間工募集ページの給料・待遇の部分は残業や休日出勤、その他諸々の諸手当込みの設定である事が殆どです。

大々的に張り出されている金額がそのまま貰えるわけではありません。

想像よりも給料が少ないとガッカリしてしまいますよね。

期間工に応募する際は給料・待遇をしっかりと調べておきましょう。

残業の有無でどれ程違いがあるのかも比較してみるのも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です