トヨタ期間工の通勤方法まとめ

トヨタ自動車の期間工として働く場合、どういった手段で通勤できるのか気になるでしょう。

自宅から通うか、寮から通うかに分かれますのでそれぞれどういった通勤方法があるのかをまとめました。

トヨタ自動車で働く期間工の通勤方法

トヨタ自動車では多くの期間工が働いていますが、皆さん通勤はどのようにしているのでしょうか。

自宅から通勤する場合

自宅から通う方は工場までの距離が近ければ徒歩や自転車で通勤することもできます。

しかし、徒歩や自転車では通えない距離だったり、駅が遠く電車でも通えないなどの理由があったりすると車やバイクで通勤したいと思うこともあるでしょう。

そういった場合、トヨタ自動車では車やバイクで自宅から通勤することも可能です。

寮から通勤する場合

自宅が県外だと期間工の寮に入ることが多いですが、寮から通う方は会社のバスが工場まで送迎してくれます。

もしバスでの送迎が嫌なら徒歩や自転車などを利用し自分で行くこともできますが、トヨタ自動車は期間工の寮に車を持ち込めないので車通勤はできません。

乗っているだけで通勤できるので、寮に住んでいるなら送迎バスを利用したほうが確実に楽ですね。

ただバスの出発時間にだけ気を付ける必要があります。

寮から工場までの通勤時間

トヨタ自動車は期間工が配属されるのは愛知県内の11工場のいずれかになります。

寮から工場までが遠いとその分早めに起きなければならないので嫌ですよね。

しかし11工場それぞれ近隣に寮を完備しているため、よっぽどの理由がなければ工場に近い寮に入ることになります。

1つの工場に対して数ヵ所の寮を用意していることもありますが、ほとんどの寮が工場からバスで10分~15分程度の距離にあるので勤務時間ギリギリまでゆっくりできそうです。

車で10分~15分だと徒歩での通勤は難しいでしょうから、送迎バスを利用したほうが良いですね。

期間工でも通勤手当は支給されるのか

自宅から通勤する場合に最も気になるのは通勤手当の有無です。

車通勤だとガソリンの値段が高騰すると通勤だけでもガソリン代が意外にかかるので負担がかかりますね。

トヨタ自動車の場合は、期間工でも通勤手当が支給されるのですが、自家用車で通勤する場合は手当が支給されるのはトヨタまたはダイハツの車だけなのです。

他社メーカーの車での通勤は認められていますが、通勤手当が支給されないので注意しましょう。

まとめ

トヨタ自動車では期間工として採用されると自宅から通うか、寮に入り寮から通うかの選択ができます。

自宅が工場から遠くなければ自宅通勤ができますが、自宅が県外で通うのが大変な場合は寮に入ると良いでしょう。

自宅通勤の場合は、自家用車での通勤も認められていますが、通勤手当はトヨタ車またはダイハツ車にしか支給されません。

寮から通勤の場合は、送迎バスが利用できるので活用すると楽ですが、バスの出発時間にだけ気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です