期間工が受かりやすい人受かりにくい人の違い

期間工の面接を受けるにあたって、受かりやすい時期や受かりやすい人にはどんな特徴があるのかを事前に把握しておくと心強いですね。

後述する内容は期間工に限らず、どの職種の面接でも共通して言えることなので参考にしてください。

期間工に受かりやすいのはどんな場合?

期間工はたくさんの会社で常に募集をしているためか他の仕事に比べて受かりやすいという印象があるかもしれません。

どんな場合が採用されやすいかを見てみましょう。

繁忙期で人手が足りない時期

期間工は人手不足を解消するために常時募集をしている会社がほとんどです。

しかし期間工に採用されてもすぐに辞めてしまう場合も多いですし、会社側も最長2年11ヶ月の契約期間を満了してしまうと引き続き雇用することはできません。

こういう退職者が大量に出る時期は、とにかく人手が必要になるので採用されやすいでしょう。

また生産が増える繁忙期も人手不足になることが予測されるので受かりやすいです。

しかし期間工に応募する側はいつが人手不足なのか分からないので、応募するタイミングがたまたま合えばラッキーくらいに考えておくと良いですね。

身だしなみがきちんとしている

期間工は短期の雇用が前提ではありますが、面接での第一印象はどんな雇用方法でも受かるか受からないか重要なポイントとなります。

そのため面接時だけでもきちんとした身だしなみを心掛けてください。

面接の服装はスーツが最適ですが、私服可の場合でも襟付きのシャツやデニム以外の長いパンツを着用しましょう。

また髪型も派手な色は暗くし、男性で髪が長い場合は短く切り、女性は束ねると良いですよ。

面接での受け答えがしっかりできる

面接での第一印象は大事ですが、身だしなみがきちんとしていても受け答えがしっかりできなければ台無しです。

面接時に丁寧な言葉遣いをすることは前提です。

また様々な質問をされると思いますが、面接官は本人のやる気があるか、長く働けそうかが知りたい場合も多いでしょう。

明確な志望動機が説明できることも忘れずに、やる気があることを分かってもらえるようにすると良いですね。

経験者や資格があると有利?

期間工は未経験でも応募できますが、期間工経験者や自動車製造に関わる仕事をしていた、期間工の作業に関連する資格を持っている場合は有利なのでしょうか。

結論から言うと経験者や資格所有者は有利です。

しかし同じ会社で期間工をやっていたなら過去の勤務履歴が残っているので、無断退社してしまった、欠勤や遅刻が多かったという場合は逆に採用されにくい可能性が高いでしょう。

まとめ

どんな会社でも期間工の面接に受かりやすい時期としては人手不足の際ですが、応募する側はいつがそういう時期なのか分かりませんのでたまたまタイミングが合えばラッキーです。

どんな時期であっても面接時の印象を良くしておくことが採用されやすい大事なポイントとなります。

服装や髪型など身だしなみは清潔感を心掛け、面接時の受け答えも丁寧にできるようにしておくと良いでしょう。

経験者や資格所有者は有利ですが、もちろん未経験者でも受かる人はたくさんいます。

やる気と長期間継続する意思を面接官に感じてもらえるよう心掛けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です