女性の期間工選びは女子寮の有無で決めるのもあり!

期間工は男性が働く印象が強いかもしれませんが、女性でも期間工として働いている人はいます。

自宅通勤が難しい地域で女性が期間工になった場合、寮に入りたいと思う場合もありますよね。

もちろん寮に入ることはできますが、女子寮があるかどうかは会社によって異なるので気を付けましょう。

女性でも期間工になると寮に入れる?

期間工を募集しているほとんどの会社で寮を完備していますが、男性が多い職種でもあるため女性が期間工になった場合でも寮に入ることはできるのか気になりますね。

期間工は女性でも採用されていることから、女性も男性と同じように寮に入ることは可能だと言えます。

男性は寮に入れるが、女性は寮に入れないのでどれだけ自宅から遠くても通わなくてはいけないというのは不平等ですからね。

寮は男性とは別?

女性が寮に入るとなると、男性と一緒だと抵抗があるという場合もあるでしょう。

寮によって部屋は一人部屋だけれど浴場や洗濯機、トイレなどが共有という場合もあるので、男性と女性が同じだとかなり不便ですし不安にもなります。

各部屋に風呂やトイレが備え付けられている寮だと男性と同じ場合もあるかもしれません。

なかには女子寮を用意している会社もあり、トヨタ自動車では丸山寮、デンソーでは若草寮が女性専用となっているそうですよ。

また、女子寮がないためビジネスホテルやマンションの一部屋を借りてくれる会社もあるようです。

女性寮の有無については会社によって様々なので、入寮希望の場合は応募する前や面接時に確認しておきましょう。

女性の期間工が寮に入るメリット

自宅が遠く通勤に時間がかかる女性が期間工として働く場合、寮に入りたくないから自分で近くに賃貸物件を借りる場合もあるでしょう。

しかし寮に入るメリットはたくさんあります。

寮費や光熱費が無料

女性に関わらず男性にも共通している点ですが、寮に入ると寮費や光熱費が無料となります。

そのため賃貸物件を借りると毎月の家賃や光熱費だけでもかなり無駄になってしまいます。

さらに寮には最低限の家電や寝具まであるので入寮時に用意しなければいけないのは洗面用具などの日用品や衣類くらいです。

とにかく節約したいなら寮は最適だと言えます。

安心感がある

寮に住んでいるのは同じ職場で働く仲間だけなので、セキュリティ面でも安心できるメリットがあります。

自分で賃貸物件を借りると、両隣には全く知らない人が住むことになるので女性の一人暮らしだと特に不安は大きいでしょう。

勤務先まで送迎してもらえる

期間工は深夜勤務もあるので、帰宅時間が夜中の2時や3時などになることも多いでしょう。

女性が一人で帰宅するには不安な時間帯ですよね。

しかし寮に入ると、勤務先から寮まで会社バスで送迎してくれる場合もあるので夜道を歩く必要がありません。

送迎バスが出ない場合も、同じ寮に住んでいる同僚と複数人で帰宅することができるので心強いでしょう。

まとめ

女性でも期間工になり、寮に入りたいと思う場合があるでしょう。

しかし女子寮があるかどうかは会社によって異なりますので、事前に確認しておくようにしてください。

もし女性で寮に入ることに抵抗がある場合でも、寮費や光熱費無料というほかに、セキュリティ面でも安全というメリットがあるので寮に入ることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です