期間工で働くデメリットとは?

期間工は収入が良い、寮に無料で住めるというメリットが目立ちますが、一方でいくつかデメリットもあります。

しかしそういったデメリットが苦ではないという場合には、高収入かつ高待遇な魅力が多い仕事だと言えますよ。

期間工で働くデメリットとは

高収入が稼げるという魅力がある期間工ですが、働く前に知っておきたいデメリットがいくつかあります。

いつ契約が終了するか分からない

期間工は契約更新を繰り返せば最長で2年11ヶ月まで働くことができますが、誰もがその最長期間の雇用を約束されているわけではありません。

会社によって契約期間は異なりますが、3ヶ月や6ヶ月の場合がほとんどです。

そのため早ければ採用されて働きだしても3ヶ月で契約を終了してしまう可能性があるというわけです。

真面目な勤務態度で働いている場合でも、会社の業績悪化などを理由に契約更新されない可能性もあり得ます。

期間工にはいつ職を失うか分からないリスクがあることは理解しておきましょう。

肉体的にも精神的にもきつい

期間工は配属先によって仕事内容は異なりますが、どんな作業でも肉体的にも精神的にも楽な仕事ではありません。

ほとんどの会社が昼夜交替勤務となっているので生活リズムを整えるのが大変ですし、配属される部署によっては肉体労働が多い場合もあります。

配属先や仕事内容の希望をすることはできないので、指示された仕事をするしかありません。

また単純作業を繰り返す場合もあるので集中力も必要です。

社会的信用があまりない

期間工は正社員とは違い、いつ契約が終わるか分からないので社会的信用を得られない場合が多いです。

社会的信用がないとどういう点が困るか具体的に言うと、ローンの審査が通らない、結婚したい女性の親に認めてもらえないなどが挙げられます。

ローンの審査が通らないと、マイホームを購入したい、車を購入したい場合にとても困るでしょう。

寮に入ると共同生活の大変さがある

期間工で自宅から通勤できない場合は寮に入ることができます。

寮では寮費や光熱費がかからないので節約できるのが魅力です。

しかし寮の部屋は一人部屋が与えられる場合が多いですが、トイレや風呂、食堂などは共有となっていることもあります。

共同生活によるストレスも多いと考えられるので、他人との生活が我慢できない人にはそういった寮で暮らすことは難しいかもしれませんね。

まとめ

期間工は短期間で高収入が得られるというメリットがある反面、デメリットもいくつかあります。

たとえばいつ契約が終了するか分からない、夜勤もあり生活リズムが狂ってしまう、仕事内容がきついなどが挙げられます。

しかしそういったデメリットが気にならない場合にはとても魅力的な仕事だと言えます。

期間工のデメリットも高収入が得られる代わりと考え、割り切って働くのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です