期間工は女性でも出来るの?仕事に耐えられるか不安な方へ

一昔前までは製造業の期間工=男性のイメージが強く根付いていましたが、それは過去のものです。

筆者はトヨタ自動車での経験しかありませんが、配属先では女性が第一線で働いていました。

この記事では期間工は女性でも出来るのか?仕事に耐えられるか不安という方の疑問を解決していきます。

 

期間工は女性でも出来る。

そもそも女性はダメと募集要項に書いてあったら女性差別です。

男性以上に生産ラインでバリバリ働いている方もいます。

手先の器用さが必要な作業も多く、そのような作業は女性に任されやすいです。

また様々な大手メーカーがの期間工募集要項を見ると、殆どのメーカーは明記していませんがトヨタ自動車等の一部は「満18歳以上の方 (労働基準法第62条の規定による)」とあります。

もし募集要項に制限が記載されていないのであれば、応募してみましょう。

仕事に耐えられるか不安

力仕事や体力が必要な仕事は勿論あります。

そのようなハードな仕事についていけるか不安に思われるでしょう。

しかし深く心配する必要はありません。

大手メーカーの生産ラインの自動化は進んでおり、重い部品を人が持ち上げて組み付ける・運ぶ様な作業は減少しつつあります。

ハードな仕事を任された場合

配属先で想像よりもハードな仕事を任せられてしまっても、気負い過ぎない様にしましょう。

辛い仕事内容だと感じたなら無理に耐える必要はありません。

配属先の上司と相談して担当作業を変えて貰うなどの措置を取って貰えばいいのです。

ノーと言える勇気を

言い出し辛いかもしれませんが、無理をして体を壊してしまっては元も子もありません。

期間工として採用され、暫くの間は有休が付与されない会社が殆どです。

もし体を壊して自宅療養になれば働くことが出来ず、お金が稼げません。

そのまま期間満了という可能性もあるので、ノーと言える勇気を持ちましょう。

男性と女性で給料に差は無い

期間工の給料は各メーカー毎に定められています。

同じ時間働いて男性が多く、女性が少ないこともありませんし、逆に男性が少なく女性が多い事もありません。

まとめ 期間工は女性でも出来る

大手メーカーの期間工は、男女問わず人手を欲しています。

募集要項に男性のみと制限が無いのですから「女性だから期間工にはなれない」という事は絶対にありません。

もし配属先でハードな仕事を任されても、体が壊れる程無理をしないようにしましょう。

体が資本ですので違和感を感じたり辛いと思ったら、担当作業を変えて貰うなどの処置を取って貰えばいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です